ページトップへ

TOP

お問い合わせ

24時間で生ゴミの90%以上を水蒸気と空気に分解・消滅

お電話からもお気軽に
お問い合わせください!

03-5909-1011

業務用生ゴミ処理機

環境にやさしくコスト削減を目指す
これからの企業・店舗様へ
フォレストバイオテックが
ご提案させていただきます。

BIOROBO紹介動画

業務用生ゴミ処理機

業務用生ゴミ処理機

導入によるコストダウンの声多数!!

業務用生ゴミ処理機

業務用生ごみ処理機
導入によるメリット実績

業務用生ごみ処理機導入によるメリット実績

  • 生ゴミ処理費用を年間最大94%削減
  • 業務用生ごみ処理機導入企業の
    8割以上が年間生ゴミ処理費用50%以上削減
  • 24時間で生ゴミ減容率90%以上

こんなお悩みありませんか?

食品加工工場

@食品加工工場

  • 生ゴミ処理単価が高額で困っている
  • 油分の多い残渣や塩分の高い残渣の分解

病院・介護施設

@病院・介護施設

  • 水分の多い残渣の分解ができるのか
  • スタッフが多忙で生ゴミ処理に時間を割くことができない

飲食店

@飲食店

  • 各店舗で出る生ゴミの量が違う
  • 生ゴミの分別が面倒

旅館・ホテル

@旅館・ホテル

  • 繁忙期と閑散期で出る生ゴミの量が異なる
  • 朝晩の2回は必ず生ゴミが出る

動物園

@動物園

  • 動物の糞尿の臭いや衛生面をなんとかしたい
  • 糞尿を安定成分の出る優良な堆肥にしたい

地域独特のゴミ問題

@地域独特のゴミ問題

  • 琵琶湖に異常発生する水草を処分したい
  • クロマグロ養殖に伴い出てくる内蔵を処分したい

下矢印

業務用生ごみ処理機にお任せください!

  • 生ゴミ処分費用を最大6円/kgまで削減
  • 油分・水分の多い残渣や塩分濃度の高い残渣も24時間
    90%以上の分解処理実績多数 (中華料理、ラーメン、おかゆ、リゾット、ソーセージ、ハム、海産物、海藻類など)
  • 最速24時間後には優良な堆肥として利用可能
  • スイッチ1つで簡単操作、菌床の取り換え目安は月1回
    安心の半年に1回の徹底したメンテナンス
  • 地域密着での環境問題に対する実績多数

※簡易資料がこちら(PDF)よりダウンロードができます。

バイオ菌のチカラ

業務用生ごみ処理機は “バイオ菌” の力で発酵分解

発酵分解の流れ

落ち葉が自然となくなり土の栄養になるように、地球にはもともと自浄作用があります。生ゴミ問題を解決する、その答えも自然の土の中にありました。自然界の土壌の中から抽出した特定土壌菌を特殊培養して配合した最高品質を誇る “バイオ菌” は、生ゴミを24時間で水と空気に変える国内最強の分解菌です。

※バイオ菌の安全性確認のため、ヒメダカを利用した実験を行いました。結果はこちら(PDF)をご覧ください。

業務用生ごみ処理機 LINE UP

    • 消臭器あり

    業務用生ゴミ処理機

    業務用生ごみ処理機 1000kg機(消臭器あり)

    • 全長:5030mm
    • 全幅:2194mm
    • 全高:2370mm
    • 重量:5t
    • 電源:三相 AC200V 60Hz 定格容量 : 30 KVA
    • 制御電圧 : DC24V
    • 処理能力:最大1000kg/日
    • 設置場所:屋内/屋外
      ※屋内設置の場合は換気扇・ダクト工事、屋外設置の場合は屋根工事・専用BOXが必要になることがあります
    • 設置可能地域:機械周辺温度が0℃を下回らない場所
    • 消臭器あり

    業務用生ゴミ処理機

    業務用生ごみ処理機 10kg機(消臭器あり)

    • 全長:896mm
    • 全幅:543mm
    • 全高:825mm
    • 重量:150kg
    • 電源:単相 100V 50/60Hz
    • 消費電力:879W
    • 処理能力:最大10kg/日
    • 脱臭方式:プラチナ触媒式
    • 装置材質:SS.SUS304(主要部)
    • 設置場所:屋内/屋外
      ※屋内設置の場合は換気扇・ダクト工事、屋外設置の場合は屋根工事・専用BOXが必要になることがあります
    • 設置可能地域:機械周辺温度が0℃を下回らない場所

詳細はお問い合わせください。

業務用生ゴミ処理機導入の5つのメリット

業務用生ゴミ処理機導入の
5つのメリット

生ゴミ

①生ゴミ処理費用のコストカット

落ち葉が自然となくなり土の栄養になるように、地球にはもともと自浄作用があります。生ゴミ問題を解決する、その答えも自然の土の中にありました。自然界の土壌の中から抽出した特定土壌菌を特殊培養して配合した“バイオ菌”。最高品質を誇る “バイオ菌” は、生ゴミを24時間で水と空気に変える国内最強の分解菌です。

  • 年間ゴミ処理費用最大94%カットの実績
  • 導入企業の8割以上が年間生ゴミ処理費用50%以上削減達成
  • 年間ゴミ処分費用を最大6円/kgまで削減

②CSR(企業の社会的責任)の追求

CSRはCorporate Social Responsibilityの頭文字をとったもので、「企業の社会的責任」という意味です。企業は利潤を追求し、株主に対して配当を行うだけでなく、従業員や内外の取引先、消費者、地域社会や国際社会など、企業活動に関係をもつ人々(ステークホルダー)に対して、社会の一員としてふさわしい責任を果たさなければならないという考え方のことです。1990年代後半に経済活動がグローバル化されるにつれ注目されるようになり、大気汚染、土壌や水質汚染などの環境問題が地球規模に広がることで、その概念を確立しました。 また、投資に際して、その企業の財務状況だけでなく、環境や社会責任についても判断基準とするSRI(社会責任投資)の登場も拍車をかけました。このため、CSRを経営の重要な課題と位置づけて取り組んでいくことは、あらゆる企業にとって重要なテーマとなっています。

  • 業務用生ごみ処理機を導入することで、CSRに対する取り組みを全面的にサポートが可能です。株式会社フォレストバイオテックはメディアの側面も補填しており、そういったCSRに対する取り組みの情報を発信することで、企業の付加価値を高めることが可能です。

③食品リサイクル法への対応

食品リサイクル法では、食品製造メーカーや小売店、飲食店等の食品関連事業者は、食品廃棄物の排出者として、食品にかかる廃棄物の排出抑制や再生利用等の実施について、中心的な役割を担っています。このため、計画的に再生利用等に取り組むことが求められています。食品廃棄物は水分を多く含み、腐敗しやすい性質があります。このため、再生利用や熱回収ができない場合は、脱水・乾燥・発酵・炭化により減量を行い、廃棄処分を容易にする。 排水の処理や臭気の漏れなど生活環境に影響がないよう処置する。 減量を行った後の残渣は、廃棄物処理法に従った適正な処理をする(食品リサイクル法より一部抜粋)。

  • 上記法令に遵守し、業務用生ごみ処理機は排水処理、騒音、悪臭問題をクリアし、バイオ菌の発酵分解力により、有機性廃棄物の90%以上を消滅させることが可能です。

④ダイオキシン削減への取り組み

ダイオキシンは、生ゴミから大量に発生するため、発生防止の「ルール」が定まっています。 『800℃以上の高温で一定時間燃焼』『燃焼の際に発生した燃焼ガスを200℃以下に急速冷却』このルールを徹底することでダイオキシンの発生を抑えることができるが、とある地域で施設の機能不足や運用関係者の怠慢によりダイオキシンが発生して社会問題に発展。2014年6月11日「大阪湾広域臨海環境整備センター」(大阪湾フェニックスセンター)は、センターが管理する神戸沖埋立処分場(神戸市東灘区)に、滋賀県高島市が基準値を超えるダイオキシンを含む廃棄物を運び込んでいたと発表。高島市は基準値を超える結果が出た場合、焼却炉を清掃してデータを取り直し、基準値内に収まったデータだけを出していた。 この長期間にわたるダイオキシン濃度測定データの改ざん・隠ぺいが発覚した後に滋賀県高島市がとった対応がダイオキシン類低減対策費として①市内27公共施設への生ごみ処理機設置、②家庭・事業所の生ごみ処理機購入への補助予算を設定。

  • 生ゴミ処理の方式を「バイオ式」で解決することに決定し、厳しい審査を経て導入されたのが、業務用生ごみ処理機です。その理由は、環境への取り組みを考えたときに生ゴミ処理の課題は必ず出てきます。そんな環境問題の解決に向けて、様々なデータを集積して解決に望んでいます。

⑤リサイクルループの実現

  • あらゆる方向で無駄の少ない“循環型モデル”
リサイクルループの実現

BIOROBO

実績紹介

実際に業務用生ごみ処理機を導入いただいた企業様からの、導入の経緯や感想をご紹介!

社会福祉法人 ゆたか会
清湖園

清湖園

清湖園

法人事務センター長代理

水野 賢祐さん

1
機械導入前

分解処理できないものがあったのが悩みの種でした。

機械導入前
Q
なぜ、業務用生ごみ処理機の導入を決めていただけましたか?
A
以前、他社の生ゴミ処理機を使用していたのですが、生ゴミを分解できずにトラブル続きだったのを改善したかったからです。
Q
実際に分解できなかった生ゴミはどういったものがありましたか?
A
“おかゆ” が水分量が多くて、なかなか分解できないというのが最も困っていました。
2
ネック・解決策

サポート体制の充実による臨機応編な対応

ネック・解決策
Q
業務用生ごみ処理機を導入するにあたって、どういったネックがありましたか?
A
“おかゆ”の分解についてフォレストバイオテック社と一緒に試行錯誤しながら運用をして、1年間かけてベストな状況を導き出したところです。
Q
他にネックになったところや解決策を教えてください。
A
電気代を削減するためにヒーターを使わずに臭いを地下に流すといった特殊な方法で対応していただきました。
3
機械導入後

問題解決が自然と社会貢献にもつながった

機械導入後
Q
業務用生ごみ処理機を実際に導入してみた後の感想を聞かせてください。
A
細かいオペレーションについては時間はかかりましたが、問題が解決でき、結果として社会貢献ができて良かったです。
Q
できあがった堆肥については、どのように活用されていらっしゃいますか?
A
50kgの生ゴミが約5kgの堆肥になりますが、職員たちからは畑や田に撒くと土が柔らかくなると大人気です。
4
今後の取り組み

コスト削減だけでなく社会貢献も

今後の取り組み
Q
今後どういった取り組みをなされていく予定でしょうか?
A
ゴミ資源は下水に流すのではなく、リサイクルするということが改めて大切だと感じています。
Q
他に水野さんが感じていらっしゃることがあれば教えてください。
A
生ゴミ処理はコスト削減も大切ですが、それ以上に失敗をくり返しても社会的貢献することに意義があります。

BIOROBO

業務用生ごみ処理機 メディア紹介実績

様々なメディアで紹介され、注目されています。

TV

  • NTK

    NHK

  • ワールドビジネスサテライト

    ワールドビジネスサテライト

  • モーニングサテライト

    モーニングサテライト

  • 滋賀経済NOW

    滋賀経済NOW

PUBLICATIONS

  • 致知

    致知

  • 京都新聞

    京都新聞

  • 後方たかしま

    広報たかしま

  • きんさん新聞

    きんさん新聞

  • 循環経済新聞

    循環経済新聞

  • DAIRYMAN(デーリィマン)

    DAIRYMAN(デーリィマン)

“地球からゴミ問題を消していく”フォレストバイオテックのモットーです。

「地球からゴミ問題を消していく」をテーマに避けては通れないゴミ問題に正面から向き合っています。誰もやりたくないことだからこそ、誰かがやらなければいけない。そんな使命感のもと、 “リサイクルループ” を推奨、実践しています。
また、お客様の声にスピーディにお応えし、細かい部分のオーダーまで的確に対応するだけでなく、提案も兼ねることを忘れません。 “業務用生ゴミ処理機” もそんな企業風土の中から生まれた商品の1つです。

社名
株式会社フォレストバイオテック
http://j-forest.com/business/recycle/
所在地
〒163-0712 東京都新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ビル24F
資本金
1,000万円
代表取締役
森翔太
お問い合わせ先
03-5909-1011

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
 資料請求 お問い合わせ
お名前
ふりがな
電話番号
メールアドレス
メールアドレス確認
お問い合わせ内容